中型犬を連れてお出かけ 世界一周できるリトルワールドが犬連れ散歩の究みか!? 〜愛知県 犬山市〜

この記事は約6分で読めます。
チャンク
チャンク

雪が降ってないから遊びに行こうよ

とチャンクが言っているかは定かではありませんが、いつか行こうと言っていた愛知県犬山市にある、リトルワールドにお邪魔してきました。
チャンク
チャンク

行ったばかりでもう行きたい

割と近くに住んでいるのに、実はあまり行ったことない場所ってありますよね。ここリトルワールドも我が家にとってはそんな場所でした。ところが子供を連れて行くとまた違った楽しみも発見でき、素晴らしい場所ということを再認識しました。コロナ禍ということもあり、目玉の一つでもある貸衣装体験ができなかったことが大変残念ではありますが、それを抜きにしても楽しく過ごすことができました。世界中の衣食住を体験でき、子供から大人から犬まで一日中楽しめて、行ったばかりですぐ行きたくなる、そんな超絶オススメのリトルワールドをご紹介します!!

『本ページはプロモーションが含まれています。』

リトルワールドって何

リトルワールドの正式名は「野外民族博物館リトルワールド」といいます。愛知県犬山市にある世界の家と暮らしと食をテーマにした野外民族博物館です。本物の伝統建築物を世界中から買い付けて展示しており、伝統建築物の件数では日本有数とのこと。また日本のテーマパークでは第7位の敷地面積で敷地面積は123万m2もあるんだそうです。ちなみにディズニーランドは201m2だって。

その国の様子を実際に建築物の中に入って見学することができたり、その国の民族衣装を着ることができます、またそれぞれの場所でその土地ならではの食事やお酒も楽しむことができます。

リトルワールドが超絶オススメな理由

大人も子供も楽しめる

社会見学大好きの小学校5年生お兄ちゃんにはとても興味深い建物がたくさんあったようです。日本とはずいぶんと文化の違うアフリカでの生活や、見た目も華やかなヨーロッパ、独特の色使いの中南米などの様子も見ることができました。各箇所には、分かりやすい説明もあり、詳しく読んでいると全く先に進めないぐらいでした。

それぞれの詳しい説明は公式サイトをご覧ください。( https://www.littleworld.jp/map/ )

チャンク
チャンク

早く次行こうよ・・・

民族衣装で記念撮影

我が家が訪れた令和4年1月22日時点ではコロナの影響もありすべての国での貸衣装体験が中止されていました。子供たちにいろんな衣装を着せたいと思っていたので、大変残念でしたがまた来るって言うポジティブに考えてよしとしましょう。

 

世界中のグルメあり

世界中のグルメが楽しめるリトルワールドは食べ歩き好きのファミリーにはとてもオススメです。

最初に訪れた沖縄で購入したサーターアンダギーはお昼前のお腹が空いていた時間帯と言うこともありとてもおいしくいただきました。台湾や韓国ではそれぞれの国の味付けがされた唐揚げを食べました。

アフリカエリアではラクダやダチョウの串焼きやワニの唐揚げ、ワニラーメンなんていうメニューもあります。ヨーロッパエリアでは、定番のピザやソーセージ、チーズにワインを楽しむことができますので、ぜひ事前にいろいろ調べてから言ってみてくださいね

それぞれのグルメはこちらから( https://www.littleworld.jp/map/ )

チャンク
チャンク

サーターアンダギーうらやましい

 

チャンク
チャンク

たくさん食べたね

 

注意:各建築物の近くにはその国ならではのグルメが食べられる屋台もあります。食べ歩きばかりしていると、きちんとした食事が取れなくなるので要注意です。おそらくリトルワールドでのメインのレストランはヨーロッパエリアです。我が家も食べ歩きを続けたことで、お腹がいっぱいになってしまいました。本当はドイツのレストランで、ビールの飲み比べとソーセージをいただくつもりでしたがこれも次回のお楽しみということで。

世界のお酒もあり

大人の楽しみといえばやはりお酒でしょうか世界各国のビールやワインがそれぞれのエリアで販売されています。各エリアでお酒を買ってしまうと大荷物になってしまい、歩くのが大変になりますので、各箇所で目星をつけておいて、入り口近くにある『リトルワールドバザール』で購入するのをオススメします。

賞味期限間近の食品(我が家はソーセージを購入)が格安で購入できるのは、各国のお土産屋やさんというのは、ここだけのお話・・・

季節ごとのイベントも◎

リトルワールドでは季節ごとのグルメイベントが行われています。我が家が訪問した令和4年1月22日時点では『世界の肉とチーズフェア』『北海道✖️北欧紀行』がグルメイベントとして開催されていました。また、好きな人にはたまらないであろう、自身が物語の主人公となる参加型謎解きゲームの『リトルワールド事件録』も開催されています。 https://www.littleworld.jp/events/2021autumn/index.html

 

犬連れにもとても親切な作り

園内ではバスが運行されているということもあり、道幅もとても広く、ストレスなく散歩することができました。また、犬連れにとても優しく、嬉しく感じたのは各エリアにおいて、犬の立ち入りが禁止か否かがはっきりと看板などで明記されていたことです。悪意なく間違って入ってしまったということも防げますし、犬が好きな方、嫌いな方達の双方に配慮した方法だと感じました。また、犬専用のトイレが設置されていたり、ドッグランがあったりと、本当に嬉しい限りです。

また、園内のレストラン外には必ずテラス席が用意されており、当然ワンちゃんも一緒にいることができます。テラス席はあっても数が少ないという場所も少なくない中、本当に素晴らしい!!

 

チャンク
チャンク

建物内は全て禁止だよ

季節ごとの(グルメ)イベントがハイクオリティなので、また行かずにはいられません。犬にも優しいならなおさらですよね。今度はもっと下調べしておいしい物食べて飲むぞ!と今から意気込んでいます。

チャンク
チャンク

次はいつ行けるかなあ・・・


野外民族博物館 リトルワールド ( https://www.littleworld.jp )

住所 愛知県犬山市今井成沢90-48

アクセス

<バスの場合>

●名鉄バスセンターまたは栄(オアシス21)より直行バスに乗車、「リトルワールド」バス停下車すぐ
●名鉄犬山駅東口1番バスのりばから、岐阜バス(リトルワールド行き)に乗車、「リトルワールド」バス停下車すぐ

<車の場合>

●中央自動車道「小牧東IC」より尾張パークウェイ経由(無料)で約10分
●名神自動車道「小牧IC」または名古屋高速「小牧北IC」より尾張パークウェイ経由(無料)で約30分

営業時間 【3月~11月】9:30~17:00【12月~2月】10:00~16:00 ※ 1月・2月の土日祝は16:30まで

休館日 年度によって変動あり詳しくは公式サイトへ

ワンコ連れ 全犬種ok、建物内は禁止。また禁止エリアには看板が明示されています

入場料金

【大人・大学生】1,800円
【シルバー(65歳以上)】1,400円 ※ 保険証など証明書を提示
【中高校生・留学生】 1,100円 ※ 学生証又は外国人登録証を提示
【小学生】700円
【幼児(3歳以上)】300円
【3歳未満】無料

駐車場 普通車1200台分 900円/台

コメント

タイトルとURLをコピーしました